同志社大学 文学部/文学研究科

  1. 文学部/文学研究科ホーム
  2. 英文学科
  3. 受験生へのメッセージ

受験生へのメッセージ

人や物や情報がたやすく国境を越えて移動する現在の社会では、豊かな国際性と実践的な「英語力」を持った人物が求められるようになっています。英文学科では国際人としての必須の技能であり武器でもある英語を徹底的に鍛えるプログラムを提供しています。英文学科生が英語力を磨くために費やす時間は大学の中でも突出していますので、英語に対して強い関心を抱いている人には理想的な学びの場になるはずです。
英文学科では、「英米文学・文化」と「英語学・英語教育」といった英語に関連した専門分野を深く学ぶプログラムも備えています。「英米文学・文化」研究では、文学・文化を通じて世界を見通し、21世紀を切りひらく視座を育てます。「英語学・英語教育」研究では、英語を通して人間の言語のメカニズムを探ること、英語学習と英語教育への理解を深めることを目指します。このような専門分野をじっくり学ぶことにより、高度な英語力のみならず、高い論理的思考能力や自己表現能力といった、社会人・国際人として必要とされる力を身につけてもらいたいと思います。広い世界と深くつながりを持ちたいと願っている人は、ぜひ英文学科に来て学んでください。

卒業生からのメッセージ

砂田有紀

砂田有紀
外資系企業勤務

経歴
卒業後、米系テレビ局に就職。 ロータリー奨学生としてロンドン大学修士課程で 映像メディアを学ぶ。現在、外資系企業メディア部門に勤務。 在学中、最も思い出深い授業は 「アメリカ現代女性文学」 のゼミ。

磨きぬかれた最高の英語教育を受け、
国際人としての基礎を学んだ

高校生の頃から映画が大好きで、「同志社の英文学科で英語力と文学の素養をしっかりと身につけた後、交換留学制度を活用して本場のアメリカで映像を勉強しよう」と心に決めて入学しました。アメリカの大学生と同じレベルでアカデミック・ライティングやディベートができるよう1年次から少人数のクラスで「読む」「書く」「話す」を徹底的に教わりました。英米文学の授業では、原書で読むことが求められます。楽をしようと翻訳本を探すも現代文学の短編など翻訳が存在しないものもあり、結局辞書を引きながら一生懸命読んでいました。そのお陰で、4年次にカリフォルニア大学に念願の交換留学をした際は、現地の授業にも早く慣れ、専門の勉強に打ち込むことができました。また、英米文学研究を通して、異文化や人生について学びました。いつの間にか身に付いたストーリーの読解力、分析力、洞察力が仕事上でも非常に役に立っています。最近感じることですが、これだけ留学が一般化した今、なんとなく英語を話す人は増えているのに、きちんとした英語を書ける人はそう多くありません。また、ウィットに富んだユーモアを持ち合わせ、異文化への理解深く、国際人としてリスペクトされている人がどのくらいいるでしょうか。同志社には、135年前に真の国際人を育てようと開校し、長い歴史の中試行錯誤してきたからこそ磨きぬかれた英語教育と、国際人としての基礎を学ぶ土壌がありました。そのような環境で学べて幸運だったと感じています。

山本やよい

 山本やよい
英米文学翻訳家

経歴
主に海外ミステリーの翻訳を手がける。代表作として、『最後の刑事』(ラブゼイ)、『サマータイム・ブルース』(パレツキー)、『嘆きの雨』(ウォレス)、『なぞめく孤島の警部』(コーク)、など訳書多数。

文芸翻訳の仕事に携わるようになって30年。メインとなる英米ミステリーの翻訳の他に、ロマンス小説やワインブックの翻訳などに追われる日々です。原書を読みながら、そこに書かれた情景を思い浮かべ、どんな日本語をあてはめようかとあれこれ思い悩むのは、苦しいけれども楽しい仕事です。いえ、むしろ、遊びといってもいいでしょう。翻訳者としてがんばってこられたのは、同志社で英語漬けの4年間を送ったおかげだと、今になってつくづく思います。難解な英書購読が待っていました。レポートは英語で提出するよう求められました。ゼミでは日本文学の英訳に挑戦し、日本語と英語の構造の違いを肌で実感しました。そうした貴重な経験が今の私を作ってくれたのです。心身ともに柔軟な若い日々に吸収したことは、その人の一生の宝になります。同志社のキャンパスで、そんな宝物をいっぱい手に入れてください。翻訳をやってみたいと思う人は、まず、英語の本と日本語の本を大量に読んでください。

在学生からのメッセージ(ゼミ紹介)

伊澤 黎

伊澤黎
4年次生 (演習担当者・大沼 由布 教授)

―学びを深めた言葉との出会い
“Taels I win,Heads you lose.”
-Mark Twain "To the Person Sitting in the Darkness"
TailsではなくTaelsにすることで短い1文に3つの意味が込められていると授業で知り、英文学を読み解く上での、言語だけでなく文化や歴史的背景などを学ぶ重要性を感じました。

―研究テーマについて
アーサー王伝説に登場する剣が時代を追うにつれ、人々にどのように受け入れられてきたかということを研究しています。日本のアニメなどのファンタジー作品の多くは、アーサー王伝説をはじめとする中世文学がモチーフとなっています。私はもともとファンタジー作品が好きだったため、研究を通して、本来の中世はどのような世界で、当時の人々はどのように考えていたのかということを追求したいと思います。

―ゼミで身についたこと
文章を漫然と受け入れるのではなく、どのような作者の意図が込められているのか、書かれた当時の時代背景や社会情勢を意識して読み込む力がついたと感じます。登場人物の言動の不一致に、作者の社会への皮肉が込められていることもあり、考察するのが面白いです。また、ほかのゼミ生の発表を聞く際は、質問しようと心がけることによって、物事を批判的に捉える力が身につきました。

―ゼミの先生の魅力
中世英文学を研究領域とされている大沼先生は、神話や中世に関する知識が豊富で、さまざまな情報を共有してくださいます。学生の質問に対して真摯に答えてくださり、提出したレポートの添削もとても丁寧なので、論文に取り組むにあたってとても心強いです。