こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 文学部/文学研究科ホーム
  2.  > Web学生記者編集室
  3.  > 文学部生Life!(2008年度)

文学部生Life!

2008年度

ロシア政府奨学生が誕生〜小澤さんに、直撃インタビュー〜

本学文学部から、ロシア政府奨学生が誕生しました!文学部国文学科四年生、小澤園子さん。留学を控えた小澤さんに、直撃インタビューしました。

(古=古山(インタビュアー) 小=小澤)

古:まずは、ロシア政府奨学金留学生内定、おめでとうございます。

小:ありがとうございます。

古:いつ頃から、政府奨学金留学生を目指そうと考え始めたんですか?

小:
昨年の4月からロシアに興味を持つようになり、それからロシアに関する勉強を始めました。その頃、たまたま日本学生支援機構のホームページを見て、ロシアに政府奨学金で留学できる制度があることを知りました。ただ、その時点では出願期限に間に合わなかったので、来年応募できたらなぁという気持ちを心に留めながら、就職活動をしたり大学院入試の準備をしたりという生活を送ってきました。
抱負を語る小澤さん

抱負を語る小澤さん

サマープログラム(英語2・エジンバラ)にて、ロシア人の友人と。今思えば、これがロシアとの縁の始まりだった。

サマープログラム(英語2・エジンバラ)にて、ロシア人の友人と。今思えば、これがロシアとの縁の始まりだった。

古:
小澤さんは国文学科に在籍されていますね。国文学専攻の学生さんが他国の政府奨学金制度で留学するのはとても珍しく思いますが、そもそもロシアにはなぜ興味を持つようになったのですか?

小:
三回生の春学期に、学芸員の科目で西洋文化史の講義を受講したことがロシアに興味を持つきっかけになりました。その後、経済学部の客員教授としてロシア科学アカデミーより来られているタマラ・リトヴィネンコ先生や、法学部のミグダリスキー・ウラディーミル先生の講義を受け、現地で学ぶ必要性を強く感じるようになりました。
二回生の時のサマープログラム(英語2)で、ロシア人の友人ができたことも大きかったですね。

古:ロシアのどんなところに興味を持っているんですか?

小:
それが未だに分からないんです・・・一年間勉強し続けてきましたが未だに分かりません(笑)。奨学金の面接の際も、面接官に「なぜあなたはロシアが好きなのですか?」と聞かれ、「わかりません」と堂々と答えました(笑)。

古:
(笑)。では、これから一年間ロシアで勉強して、小澤さんを惹きつけるロシアの魅力を探っていくのが楽しみですね。

小:はい。

日露学生フォーラムに関して

古:
昨年、日露学生フォーラムに参加していますね。ロシア人と交流してみて、何か印象に残ったことなどありますか?

小:
あの時は、ロシア人よりも同じ日本人学生の方が印象に残りました。私はこの様な政府系の事業に参加するのが初めてだったのですが、「ロシアだから応募する」ではなく「政府系事業だから応募する」という学生が多くいたことに驚きましたね。それまで私はロシアにしか目を向けていなかったので、もっと幅広く色々な事に挑戦しなければいけないと感じました。

古:
昨年度の日露学生フォーラムには、同志社大学からは私たち二人が参加しましたね。私の場合、小澤さんのように以前からロシアに興味を持っていて参加したわけではなかったのですが、今までほとんど関心のなかったロシアを身近に感じられるきっかけになりました。
日露学生フォーラム2007の会場、北海道大学構内にて。左から古山、小澤

日露学生フォーラム2007の会場、北海道大学構内にて。左から古山、小澤

政府奨学金留学生としての研究内容

古:
現地での具体的な研究内容に関して聞かせてください。サンクトペテルブルグ国立大学歴史学部ロシア近現代史学科というところで研究されるんですよね?

小:
これはまだ予定です。大使館の方に、「もし歴史学部で面倒を見切れないということになった時のために、第二希望で文献学部を書くように」というご指導をいただいたため、まだどちらになるか決まっていません。

古:どうして歴史学部を選んだのですか?

小:
歴史学部なら一番手広く学べると思ったからです。
研究テーマ内容自体は、戦前の日ソにおけるナショナリズムと文学、特に源氏物語に対する政策についてです。日本で源氏物語の劇が上演禁止になったり、「不敬の書」として扱われていたりした時に、ソ連で日本文学研究が歓迎されていたんです。ただ、その後1938年を境にソ連で日本文学研究者が一斉に逮捕され、両国の関係も急速に悪化していきます。このあたりのことを深く検討するには、当時の政治や国際関係も調べないといけないと思ったので、時代の雰囲気がつかめそうな歴史学部を志望しました。

古:
出願書類を見せていただきましたが、源氏物語のことを扱うと書かれていますね。具体的に教えてもらえますか?

小:
外国人による初の源氏物語の翻訳は、一般的に言われている1925年のイギリス人のアーサー・ウェイリーではなく、1924年に途中まで訳したロシアのニコライ・コンラッドであったという論になります。こちらの源氏物語一千年紀展の図録を見てください。外国における源氏物語というところに、最初の翻訳は1925年のアーサー・ウェイリーと書いてあります。図録だけでなく、研究論文などでも、これが一番初めの外国人による翻訳だと書かれています。でも、本当はそれ以前にロシアで翻訳されていたんだということを伝えたくて、研究をすることを決めました。

古:一般的な学説を覆そうというわけですね。
2007年春休み、サンクトペテルブルク大学の校舎にて。まさかここで学ぶことになるとは…

2007年春休み、サンクトペテルブルク大学の校舎にて。まさかここで学ぶことになるとは…

小澤さん愛用の、ロシア語辞書と源氏物語一千年紀展の図録

小澤さん愛用の、ロシア語辞書と源氏物語一千年紀展の図録

源氏物語ロシア語翻訳本表紙

源氏物語ロシア語翻訳本表紙

源氏物語ロシア語翻訳本

源氏物語ロシア語翻訳本

小:
そんな感じですね。当時の日本の知識人も、イギリス人が翻訳したから源氏物語は「世界的古典文学」、だから不敬の書では断じてないという理由で国定教科書に掲載したりしていますが、だったらその前に訳したロシアはなんなのよ、って言いたいです。

古:
なるほど。でも、途中までしか訳されなかったにしても、一番初めの翻訳はロシア語という記録があるにも関わらず、どうして英語訳が最初と言われているんでしょうね。

小:
この時期の国際関係が大きく関わってくると思います。日本と良好な関係にあったイギリスのアーサー・ウェイリーが英語訳を出版したときは、誤訳もあったのにもかかわらず、日本で大反響を呼びました。一方、ソ連は国交すらようやく樹立されたばかりという関係であった上に、ロシア語訳は雑誌掲載にとどまっており、その訳を日本のどの大学も所蔵していないことが原因なのではないのかと思います。コンラッド博士の業績は、サンクトペテルブルク大学の学部生でも知っているほど、ロシアでは有名なのですが…。

古:これらの研究をすることで、どのような成果を得たいと考えていますか?

小:
ソ連の言語政策は1938年までは非常にオープンでリベラルであったという証拠を得て、論証できればと思います。1925年から始まったスターリン政権は、始めから思想弾圧や外国文学排斥を行っていたわけではないということを説明したいですね。日本国内でさえバッシングが行われていた源氏物語の研究を推進していたのですから。

古:小澤さんは今回の留学から帰国後、どのような進路に進みたいと考えていますか。

小:
留学中に大学院留学の準備も少しずつ進めようと思っています。同志社大学を卒業した後にロシアでの大学院進学も考えています。その後は出来れば、東アジアの地域研究か安全保障論の分野の研究者になりたいと考えています。

古:
ロシアから帰国したら、今度は東アジアのことも扱うんですね。東アジアという枠組みにはどうして興味を持つようになったのですか。

小:
地に足の着いた研究がしたいと考えたからですね。ロシアというとヨーロッパ方面ばかり目が向いてしまいがちですが、自分が今生きている日本という国を自覚した上でのロシア研究をしたいと考えた時、東アジアかなぁと思いました。

内閣府国際青年育成交流事業に関して


古:留学は10月からということですが、小澤さんは9月にそちらとは全く別の政府事業にも参加されるそうですね。

小:
この事業は、日露学生フォーラムの際に既参加青年の古山さんに教えてもらいましたね(笑)。話を聞いて、私も内閣府からの青年派遣団として外国に行くという経験がしたいと思って応募しました。

古:内定おめでとうございます。派遣国はラオスだそうですね。どうしてラオスを選ばれたのでしょうか。

小:
実は、第一志望がバルト三国、第二志望をラオスで出願しました。バルト三国を選んだのは、ロシアの隣国という理由からです。ラオスは、社会主義国でありながら中国やロシアとも距離を置いているところや、敬虔な仏教国であるというところに惹かれて希望しました。

古:内閣府の事業で訪問したら、政治的な詳しい部分も教えてもらえそうで楽しみですね。

小:
はい。また、第二希望国で内定をいただいたのも、私は今までロシアにばかり目を向けていて今回もロシアの隣国を選んだので、「アジアもきちんと見なさい」という内閣府からのメッセージだったのかもしれませんね。

古:
これから東アジアの地域研究者を目指すならば、いい経験になりそうですね。ラオスで何かしてみたいことはありますか。

小:
まだ具体的な日程は明らかになっていませんが、おそらくラオス側の参加青年も日本に興味を持って本事業に参加してきますので、私が今まで同志社大学の国文学科で学んできたことを自分なりに伝えられたらと思っています。

同志社の国文学科で学んでよかったこと

古:同志社大学の国文学科で勉強してよかったと思うことはありますか。

小:
実は入学式の直前まで、大学で国文学なんて役に立たないものを勉強している人たちは何を考えているのだろう、と思っていました(笑)。でも、逆に考えてみるともともと興味がなかったり、日常生活で直接的に役には立たないものを勉強する機会は大学にしかないんですよね。自分に必要だけれどもあまり自分で勉強する機会がないものをここで学べたことは非常に有意義だったと感じていますね。

古:どういうときに、日本文学が自分に必要だと感じるんですか?
岩坪ゼミの恒例行事、十二単の着付け

岩坪ゼミの恒例行事、十二単の着付け

小:
どの国でもそうだと思いますが、歴史と文化の結晶が文学に現れています。文学を学ぶことを通して、歴史や政治など、その時代のことを全体的に学ぶことが出来ます。外国人学生と一緒に学ぶジョイントセミナーという授業や、日露学生フォーラムなどで日本について聞かれたことがあっても、ある程度対応できるような教養、知識は得られたと思っています。

古:
国際的な場所で活躍する人ほど、自国の歴史、文化、文学に精通する必要がありますね。それは、私も強く感じています。

最後に


古:では最後に、今後の留学生活に関して意気込みを聞かせてください!

小:
内定を頂いたときは嬉しかったんですが、どうして私が合格したんだろうと日々不安が募っています(笑)。頑張るしかないんでしょうね。

古:頑張ってきてくださいね。留学を終え、さらにパワーアップした小澤さんに会えるのを楽しみにしています!

あとがき

ロシアに興味を持ち、一年間独学で学んだ末、政府奨学金留学生に選ばれた小澤さん。取材のためお邪魔した下宿には、ロシアに関する文献がずらり。今までのさまざまな努力の結果が出始め、留学生活を控えた小澤さんは、きらきらと輝いていました。
取材のためお邪魔した下宿には、愛読書がずらり…

取材のためお邪魔した下宿には、愛読書がずらり…

.