こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 文学部/文学研究科ホーム
  2.  > 哲学科
  3.  > 哲学科トップ

哲学科トップ

哲学科へようこそ

「哲学」の本旨は批判にあります。しかし、この批判は、相手の言うことにけちをつけることではありません。「なぜそう言えるのか」を自分の問いとして引け受け、その根拠を解き明かしていく態度を意味します。まことの自由を追い求めた新島襄の、この同志社で、研ぎすまされた批判的精神をともに養おうではありませんか。
.