こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 文学部/文学研究科ホーム
  2.  > 英文学科
  3.  > 受験生へのメッセージ

受験生へのメッセージ

人や物や情報がたやすく国境を越えて移動する現在の社会では、豊かな国際性と実践的な「英語力」を持った人物が求められるようになっています。英文学科では国際人としての必須の技能であり武器でもある英語を徹底的に鍛えるプログラムを提供しています。英文学科生が英語力を磨くために費やす時間は大学の中でも突出していますので、英語に対して強い関心を抱いている人には理想的な学びの場になるはずです。
英文学科では、「英米文学・文化」と「英語学・英語教育」といった英語に関連した専門分野を深く学ぶプログラムも備えています。「英米文学・文化」研究では、文学・文化を通じて世界を見通し、21世紀を切りひらく視座を育てます。「英語学・英語教育」研究では、英語を通して人間の言語のメカニズムを探ること、英語学習と英語教育への理解を深めることを目指します。このような専門分野をじっくり学ぶことにより、高度な英語力のみならず、高い論理的思考能力や自己表現能力といった、社会人・国際人として必要とされる力を身につけてもらいたいと思います。広い世界と深くつながりを持ちたいと願っている人は、ぜひ英文学科に来て学んでください。

卒業生からのメッセージ

砂田有紀

外資系企業勤務

経歴
卒業後、米系テレビ局に就職。 ロータリー奨学生としてロンドン大学修士課程で 映像メディアを学ぶ。現在、外資系企業メディア部門に勤務。 在学中、最も思い出深い授業は 「アメリカ現代女性文学」 のゼミ。

磨きぬかれた最高の英語教育を受け、
国際人としての基礎を学んだ

高校生の頃から映画が大好きで、「同志社の英文学科で英語力と文学の素養をしっかりと身につけた後、交換留学制度を活用して本場のアメリカで映像を勉強しよう」と心に決めて入学しました。アメリカの大学生と同じレベルでアカデミック・ライティングやディベートができるよう1年次から少人数のクラスで「読む」「書く」「話す」を徹底的に教わりました。英米文学の授業では、原書で読むことが求められます。楽をしようと翻訳本を探すも現代文学の短編など翻訳が存在しないものもあり、結局辞書を引きながら一生懸命読んでいました。そのお陰で、4年次にカリフォルニア大学に念願の交換留学をした際は、現地の授業にも早く慣れ、専門の勉強に打ち込むことができました。また、英米文学研究を通して、異文化や人生について学びました。いつの間にか身に付いたストーリーの読解力、分析力、洞察力が仕事上でも非常に役に立っています。最近感じることですが、これだけ留学が一般化した今、なんとなく英語を話す人は増えているのに、きちんとした英語を書ける人はそう多くありません。また、ウィットに富んだユーモアを持ち合わせ、異文化への理解深く、国際人としてリスペクトされている人がどのくらいいるでしょうか。同志社には、135年前に真の国際人を育てようと開校し、長い歴史の中試行錯誤してきたからこそ磨きぬかれた英語教育と、国際人としての基礎を学ぶ土壌がありました。そのような環境で学べて幸運だったと感じています。
砂田有紀

山本やよい

英米文学翻訳家

経歴
主に海外ミステリーの翻訳を手がける。代表作として、『最後の刑事』(ラブゼイ)、『サマータイム・ブルース』(パレツキー)、『嘆きの雨』(ウォレス)、『なぞめく孤島の警部』(コーク)、など訳書多数。

文芸翻訳の仕事に携わるようになって30年。メインとなる英米ミステリーの翻訳の他に、ロマンス小説やワインブックの翻訳などに追われる日々です。原書を読みながら、そこに書かれた情景を思い浮かべ、どんな日本語をあてはめようかとあれこれ思い悩むのは、苦しいけれども楽しい仕事です。いえ、むしろ、遊びといってもいいでしょう。翻訳者としてがんばってこられたのは、同志社で英語漬けの4年間を送ったおかげだと、今になってつくづく思います。難解な英書購読が待っていました。レポートは英語で提出するよう求められました。ゼミでは日本文学の英訳に挑戦し、日本語と英語の構造の違いを肌で実感しました。そうした貴重な経験が今の私を作ってくれたのです。心身ともに柔軟な若い日々に吸収したことは、その人の一生の宝になります。同志社のキャンパスで、そんな宝物をいっぱい手に入れてください。翻訳をやってみたいと思う人は、まず、英語の本と日本語の本を大量に読んでください。
 山本やよい

在学生からのメッセージ

浜田香織

2005年度生/2009年度卒業

同志社大学 英文学科で勉強して

同志社大学には海外からの留学生や、留学・海外での生活を経験している学生も多く、その国際的な雰囲気は学びの原動力でした。とくに英文学科には「読む・書く・聞く・話す」それぞれに重点を置いた必修の授業があり基礎的な英語力が養えました。また、ネイティブの先生の授業が多くあるSkills in Englishのクラスでは、通訳やSocial Issue Discussionなど幅広い分野で楽しみながら実践的な英語力をつけることができました。専攻したイギリス文学のゼミでは、時代背景やその国の文化を交えて読み解く面白さを知ることができました。そこで、単なる言葉としての英語だけでなく、その先の人々や文化に実際にふれてみたいと思い、1年間のイギリスへの留学を決心しました。留学先では英文学の教師だったホストマザーにイギリス文学を教わったり物語の舞台を訪ねたりと、英文学科で学んだ知識を深めることができました。戸惑いながらも異文化を体験し認め合うことで様々な国の友達ができ、人間として視野が広がり大きく成長できたと思います。正しい文法や綺麗な発音、流暢に英語を話せるようになることも大切ですが、英文学科では国際感覚豊かな先生方や友達、そして多角的なクラスを通し、他者を理解し認め合う事の大切さを学べたことが一番良かったと思います。
浜田香織

吹留春香

2005年度生/2009年度卒業

私が英文学科に求めたのは「異文化との交流」でした。日本とは違う国の考え方を学び、視野を広げたいという異文化への興味を、どのように将来に活かしていけるのか…。単に英語が話したいというだけであれば、英文学科でなくても良いと思います。けれども、英語を使って何かをしたいという意志があるならば、英文学科はその意志をサポートしてくれる体制の整った学科です。実際、私は一年の休学をして私費留学をしました。復学すると、同級生とは学年が離れてしまいましたが、同じように留学した仲間が多くいたため、卒業までの間も楽しく過ごすことができました。また必修クラスのゼミでは、語学だけでは学べない専門的な英語の知識、イギリスという国の在り方や考え方など、本を読んでいるだけでは得られない教養を身につけることができました。こういった経験は社会人になってからはできない貴重なものです。英文学科で学び、視野を広げ、自分の可能性を探求することで、国際交流の盛んな部署での就職も決まりました。これからの私の夢は、英文学科で培った語学力と知識を活かして、さらに多くの国への理解を深め、多くの人と触れ合い、そして新しい国際的な世界で活躍することです。
吹留春香

田伏真梨子

2007年度生

私はこれまで英文学科の学生として基礎的な技能から専門的な知識までさまざまなことを学ばせていただきました。とくに私が印象に残り、現在、そして、これからも非常に役立つと確信しているのは、必修科目のWritingの授業(Communicative English Skills)です。この授業では、与えられたテーマについてエッセイを提出し、先生に添削していただいたものをもとに、もう一度、書き直して提出するというのが主な内容です。私は始めてエッセイを提出したとき、真っ赤に添削され、たくさんの厳しい指摘が書かれて返ってきたのをみて、大きなショックを受けたことを今でもよく覚えています。自らの文章力や単語力の無さを痛感しましたが、授業をとおして、文の構成の仕方、単語の意味の広さなど、とても細かく丁寧な指導を受けることができました。そのおかげで自分が書く文章が徐々に内容の濃いものに変化してきていることに気づくようになりました。最近、指導していただいた先生に文章をほめていただいた時は本当に嬉しく思いました。Writingに限らず、Communicative English Skillsの授業では英文学科の学生として知るべき知識を少人数クラスで細かく丁寧に教えていただくので、とても身につきやすく自分の英語力への自信にも繋がります。
田伏真梨子

白川圭太

2007年度生

同志社大学の英文学科では、英語の実践力をつけることができます。1回生から必修科目としてリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの授業が少人数で行われており、自分の英語力を伸ばすためには非常に良い環境が整っていると思います。わたしは公立高校出身で、同志社大学に入学するまでは、英語は受験用の勉強しかしてきませんでした。しかし大学では、ライティングの授業で高度な英文の書き方を学んだり、スピーキングの授業では、実際にネイティブの先生と英語で会話したりすることによって、今までは学ぶことができなかった実践的な英語力を身につけることができました。また英文学科では、2回生からゼミが始まるので、早くから自分の興味ある分野について深く学ぶことができます。実践的な英語力を身につけたい、自分の興味のある分野について探求したいと考えている人には、すばらしい環境が同志社大学英文学科には整っていると思います。
白川圭太
.