こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 文学部/文学研究科ホーム
  2.  > 美学芸術学科
  3.  > 刊行物「美学芸術学」目次

刊行物「美学芸術学」目次

美學・藝術學 創刊号(1985)

  • 風景美の構造 ………金田民夫
  • ランブール兄弟作『美しき時禱書』
    —第30葉周縁部解釈を巡って— ………栗山守正
  • ヘーゲル美学解読のための序章 ………松井泰典
  • 雪間の草の春
    —わびの美と心の一考察— ………吉村季志子
  • 映画におけるシニフィアンとシニフィエ ………辻本宗正
  • H.−G.ガダマ−に於ける解釈学と美学 —予備的概観— ………佐原雄治

美學・藝術學 第二号(1986)

  • 自然科学的世界像と芸術 ………村田誠一
  • ローマのヴィラ・マルタに集う人びと ………勝國興
  • 自然の合目的性と快の感情
    —『判断力批判』序論第六節の解釈— ………西村壽人
  • プッサンの自画像 ………清瀬みさを
  • 対立・昇華・意匠 —尾形光琳「紅白梅図屏風」の本質— ………原田富士子

美學・藝術學 第三号(1987)

  • 芸術の意味と存在——序論 ………中川勝正
  • 江戸狩野の変貌 —桃田柳栄の出現を契機に— ………橋本綾子
  • 『夜警』 —肖像画のポリフォニー— ………越前俊也
  • イヴ・クライン論 —IKBの誕生— ………奥村泰彦
  • 蕪村詩画における多様性と統一性について ………竹村直美

美學・藝術學 第四号(1988)

  • 中川重麗の美学 ………金田民夫
  • 芸術作品の存在に関する一考察
    —第二次大戦後の美術をめぐって— ………大森正一
  • シューベルトの声楽曲における強弱法のコントラストについて ………鵜川真
  • 現代の芸術理解にみる受容者の役割り
    —受容美学的アプローチ— ………伊藤美那子
  • 伊藤若冲の絵画様式について
    —西福寺「仙人掌群鶏図」襖絵を中心に— ………木村郁子

美學・藝術學 第五号(1989)

  • 金田民夫先生の履歴と研究業績
  • 私の美学の歩み ………金田民夫
  • 初源の意識へ —フィードラー補注— ………郡定也
  • 現代的表現一般を支えるもの ………板倉壽郎
  • ハンス・フォン・マレーの
    『マレー−レーンバッハ二人肖像画』(1863) ………高阪一治
  • エルマン・ド・ランブール作
    『キリストのエルサレム入城』 ………栗山守正
  • チャップリン映画の構造 ………辻本宗正
  • ヘーゲルの思弁的生における<瞬時> ………松井泰典
  • 言説と作品の形式 —アドルノの思考と作品理解との関係— ………太寿堂真

美學・藝術學 第六号(1990)

  • 十九世紀フランス絵画の一段面
    —アガデミスムという「制度」— ………深田進
  • ベックリーンとマレー
    —ベックリーンの『春のめざめ』をめぐって— ………高阪一治
  • 「綜合芸術の死」以後 —後期シュリングと画家ルンゲ— ………岡林洋
  • レンブラント・1630年代の肖像画
    —レンブラント・リサーチ・プロジェクトの成果による報告書— ………越前俊也 書評
  • 金田民夫『日本近代美学序説』 ………村田誠一
  • ハンス・ロベルト・ヤウス
    『美的モデルネのエポック変遷に関する諸研究』 ………今村美那子

美學・藝術學 第七号(1991)

  • 金田民夫先生の御逝去を悼む ………中川勝正
  • 雑器の美 ………大森正一
  • リューベンスとカールトンの往復書簡 ………勝國興
  • ランブール兄弟の「地獄」図について ………栗山守正
  • 慶長年間の料紙装飾における紙師宗二の役割 ………都築悦子 研究ノート
  • シュリング「造形芸術の自然との関係について」(1807) ………岡林洋
  • アーサー・ウェズリー・ダウについて ………天野太郎

美學・藝術學 第八号(1992)

  • アドルノにおける自然の美的経験について ………村田誠一
  • ミケランジェロの『フィレンツェのピエタ』研究序説
    —その製作年代と主題についての問い直し— ………嶋谷昭彦
  • 十九世紀後半のフランスにおけるジャポニスムの染織品
    —ミュルーズとリヨンの活動を中心に— ………広瀬緑 研究ノート
  • 「近代日本画」研究 —下村観山の作品分析を端緒として— ………柏木智雄

美學・藝術學 第九号(1993)

  • 芸術とフェミニズム —バーバラ・クルーガー論— ………北原恵
  • カンディンスキーの芸術観 —内面の響き— ………雲林院圭子
  • フィードラーにおける芸術的活動について ………井尻安泰 翻譯
  • 「眼と精神」(ミケル・デュフレンヌ) ………郡定也 研究ノート
  • フィレンツェで最も小さなイコノグラフィー
    —ブルネッレスキのコンクール・パネルに配された極小レリーフ ………石田雅芳

美學・藝術學 第十号(1994)

  • 中川勝正先生の略歴及び主要業績
  • シュライエルマッハーの『文体論』
    —初期解釈学思想をもとめて— ………岡林洋
  • ジョセフ・シマの沈黙………中村義一
  • 1900年前後のハンス・フォン・マレーの評価………高阪一治
  • イヴ・クライン論 —その制作の一貫性をめぐって— ………奥村泰彦
  • レンブラントの『ダナエ』(Br.474)をめぐって………光岡幸治
  • ミルチャ・エリアーデにおける宗教と芸術の関り
    —聖の弁証法を中心に— ………國松萌美
  • 映画理論の歴史的展開
    —非叙述的映画と叙述的映画の問題を中心として— ………橋本弘美
  • 翻訳「人はなぜ映画に行くのか?」(ミケル・デュフレンヌ)………辻本宗正

美學・藝術學 第十一号(1995)

  • 鎌倉時代の頂相 —形式化への過程— ………太田孝彦
  • 聖像伝説(Ⅰ) —「名所図会」にみる造像譚— ………岸文和
  • 画中詞の出現と絵巻物の展開
    —『道成寺縁起絵巻』成立まで— ………秋山美津子
  • 中国青花磁の東西交流………茶屋美奈子
  • ロヒール・ファン・デル・ウェイデン作
    『ブラック三連画』の一考察………山本陽子

美學・藝術學 第十二号(1996)

  • 主観の内なる自然の想起
    —アドルノにおける芸術と和解の問題に関する一考察— ………村田誠一
  • アレーナ礼拝堂フレスコ画におけるジェットの物語描写
    —「時点」の捉え方と描写の手法について— ………小谷訓子
  • ゴヤ《鰯の埋葬》考 ………佐々木和子
  • マルク・シャガールにおけるユダヤ性
    —《アポリネール礼讃》(1911/12年)にみるカバラ的世界 ………樋上千寿
  • 土田麦僊が求めた日本画の革新 —《三人の舞妓》図を中心として— ………朴美貞
  • 世阿弥の作劇についての一考察 —『融』のモチーフを中心に— ………内村修子

美學・藝術學 第十三号(1997)

  • ボイスと川俣 —反全体芸術について— ………岡林洋
  • ベネデット・ヴァルキのパラゴーネをめぐる一考察
    —パラゴーネの調停と「美術」概念の生成について— ………清瀬みさを
  • 受容理論の絵画への応用 —W・ケンプの場合— ………今村美那子
  • テクストとしての茶会 —銘のはたらき— ………宮嶋幸子
  • 『本朝画史』の戦略 —挿話にみる画人のイメージ— ………松本直子
  • フェルメール作《絵画芸術》をめぐる一考察………生島正也

美学芸術学 第十四号(1998)

  • 洒落本に見る「通」のメディア —遊里と美術— ………岸文和
  • ランブール兄弟からヤン・ファン・エイクへ………栗山守正
  • 絵巻物はどのように享受されたか
    —酒井家旧蔵『賢學草紙』を手がかりに— ………秋山美津子
  • トポグラフィアとしての名所絵 —江戸泥絵と都市の視覚文化— ………佐藤守弘
  • 朝鮮初期山水画論 —《瀟湘八景図》を中心として— ………盧載玉 特別寄稿
  • ヨーロッパの風景画の特質 ………エーリヒ・シュタイングレーバー(勝國興 訳)

美学芸術学 第十五号(1999)

  • 会所を飾った画家たち —「荘厳の場」から「賞翫の場」へ— ………太田孝彦
  • ヤン・ファン・エイク作《ワシントン受胎告知》
    —床面図像の解釈に関する一試論— ………鮫島正安
  • ヴィラ・ジュリアにおける二様式の混在
    —サンガルロ派様式とミケランジェロ派様式— ………小谷訓子
  • 狩野永岳の水墨障壁画 ………松本直子
  • 「契会図」についての一考察 ………盧載玉
  • ダイアン・アーバスの「フリークス」写真に関する一考察 ………高橋千晶

美学芸術学 第十六号(2000)

  • 文化主義の美学
    —ヴェルシュ「AESTHET/HICS」を手がかりに— ………岡林洋
  • ベルクソンのimage概念について ………辻本宗正
  • ミケランジェロ作『フィレンツェのピエタ』の主題解釈について
    —「苦しみの人」のテーマとの関係を中心に— ………嶋谷昭彦
  • 観光・写真・ピクチャレスク
    —横浜写真における自然景観表象をめぐって— ………佐藤守弘
  • 新薬師寺本堂の「場」 —新しい仏堂の出現に関する試論— ………國生知子
  • 韓国における獅子舞の変容について
    —北青および鳳山タルチュムの獅子舞を中心として— ………金仁姫
  • コンスタンティン・ブランクーシの作品展示
    —一九三三年の個展を中心に— ………濱田真由美

美学芸術学 第十七号(2001)

  • 大岡春トが語る江戸時代中期の美術動向
    —『和漢名筆画手鑑』・『和漢名画苑』の同時代美術論— ………太田孝彦
  • A.キーファーの決定不可能性 —哲学的視座から— ………今村美那子
  • 展示空間における機能\r
    —宮城県美術館の展示空間と、ホワイト・キューブがもとめたもの— ………和田浩一
  • 中村大三郎の《婦女弄花》はどのように借用されたのか
    —《女人像》と《看星》における変容— ………朴美貞
  • 虎患払い獅子舞の変容
    —韓国・水営野遊および統営五広大の獅子マダンを中心に— ………金仁姫
  • 天啓期民間青花磁器と古染付に見られる絵付けの思想
    —吉祥から装飾へ— ………葉文秀

美学芸術学 第十八号(2002)

  • ヤン・ファン・エイク作《ファン・デル・パーレの聖母》
    —銘文中のDUAS CAPELLANIASの解釈について— ………鮫島正安
  • ミケランジェロ作『ロンダニーニのピエタ』の制作年代と主題について ………嶋谷昭彦
  • 浮遊と滲透の絵画 —イヴ・クラインのモノクロームについて— ………奥村泰彦
  • 茶会における季節感の誕生 ………宮嶋幸子
  • 「家族写真」の位相 —家族の肖像と団欒図— ………高橋千晶
  • 近代における美術資料としての動物・植物写真集 ………中川馨
  • 《菊の白露蒔絵調度》にみられる意匠主題の再検討
    —「菊慈童」説話を巡って— ………森戸敦子

美学芸術学 第十九号(2003)

  • 戦後ドイツ美術の展開 —「新しいドイツの形象絵画」を中心に— ………今村美那子
  • プルーストに於ける水辺と陸地の融合
    —ソンム河畔の風景を巡る考察— ………荘原いずみ
  • イタリア未来派「機械芸術宣言」の諸文脈 ………出村雅哉
  • ヴェサリウス著De humani corporis fabrica libri septemの骨格図に見る解剖学と「死の舞踏」 ………土肥泰子
  • 八田豊と芸術表現の拡張
    —紙素材の地域性とそれを越えるもの— ………林泰子
  • パノフスキーにおける技術作品の「本質的意味・内容」について ………関竜司
  • 戦後のフランスにおける女性の帽子の傾向
    —倫理的規範と美的要素の関係性— ………平野大
  • 「連花RENKA」と現代美術 ………丸尾尚子

美学芸術学 第二十号(2004)

  • 「現存在」としての現代アート
    —ハイデッガー『存在と時間』への美学的問いかけ— ………岡林
  • 川口軌外《少女と貝殻》について
    —その画像と構図に見る西洋美術の理解— ………奥村泰彦
  • ヴィラ・マダマ
    —ラファエロのオリジナル・プランと二通の手紙— ………小谷訓子
  • 伝沖探容筆「因幡八景図」に関する一考察 ………山下真由美
  • ノサム・ノグチ、レジャー研究の旅
    —広島のプロジェクトを中心に— ………小橋祥子
  • 白樺派の<人生への欲望>について考察する
    —芸術家評伝の「作品批評」を手がかりに— ………亀井祐美
  • 論文紹介(同志社大学大学院修士論文梗概)
  • 美学芸術学会第七回の報告
  • 学会彙報

美学芸術学 第二十一号(2005)

  • 印象主義の「印象」とは何か ……… 伊達立晶
  • 日本北方民族学・考古学と絵画
    —「クマ祭り図」の分析をとおしての問いかけ— ……… 池田貴夫
  • 《勝興寺本洛中洛外図》を読み解く
    —画中の少女を鍵として— ……… 内村周
  • 鉄川与助の教会堂における意匠的要素 ……… 和賀圭史
  • ドラクロワの絵画におけるグランド・オペラの受容と変容 ……… 河合貞子
  • 中世末期の降誕図における幻視文学の影響
    —『いとも豪華なる時祷書』二おける「キリスト降誕」と聖女ビルギッタの『啓示』—
    …… 木田沙弥佳

詳細

美学芸術学 第二十二号(2006)

  • 明治時代のミケランジェロ受容年代史 ……… 中江彬
  • ラスカの喜劇『魔女』の前口上と梗概を巡って ……… 近藤直樹
  • レンブラントの《アンスロとその妻》をめぐって ……… 光岡幸治
  • 聖像破壊としてのミケランジェロの《フィレンツェのピエタ》破壊
    —イタリア宗教改革との関連から見た解釈— ……… 嶋谷昭彦
  • 徳川美術館所蔵《胡蝶の調度》の制作に関する試論
    —《初音の調度》との比較から— ……… 森戸敦子

詳細

美学芸術学 第二十三号(2007)

  • 居初家庭園にみる藤村庸軒の茶風と美学について ……… 丸岡喜市
  • 覚々斎の茶風 —銘を手がかりとして— ……… 千宗員
  • 王悦之像再考 —恋愛シリーズを手がかりに— ……… 李柏黎
  • リルケと青い花 —手段としての詩作から目的としての詩作へ— ……… 池田まこと
  • アンドレ・ブルトンの小説と芸術論における抒情性の解明 ……… 宇多瞳

特別寄稿
  • 唐代美術の普遍性とその由来 ……… 曽布川寛

詳細

美学芸術学 第二十四号(2008)

  • 神奈備山のある古代山背の「眺め」の美学
    —神話的時空間の伝承と現前— ……… 深田進
  • 感得された“力” —正智院蔵木造不動明王坐像の造形— ……… 川野憲一
  • シュジェールとサン=ドニ修道院の図像起源
    —サン=ヴィクトルのフーゴーによる「最後の審判」の解釈— ……… 新井思郎
  • 『教訓聖書』の成立とその寓意的解釈 —オーストリア国立図書館所蔵『ウィーン二五五四番写本』におけるカインとアベルの図像— ……… 木田沙弥佳
  • ジョヴァンニ・ディ・パオロ作《天地創造と楽園追放》
    —図像解釈の試み— ……… 峯近慶子

詳細

美学芸術学 第二十五号(2009)

  • 野島康三の陶磁器写真 —柳宗悦と富本憲吉のはざまにあって— ……… 越前俊也
  • 夫婦の記念碑
    —リューベンス作《聖イルデフォンソ祭壇画》の図像解釈— ……… 芦刈歩
  • 「長恨歌絵」の変容 —奈良絵系《長恨歌絵巻》を手がかりに— ……… 村木桂子
  • マンテーニャ作<夫婦の間Camera degli sposi>
    —主題解釈に関する一考察— ……… 池田郁

詳細

美学芸術学 第二十六号(2010)

  • 西翁院淀看席における藤村庸軒の茶風と思想 —庸軒の漢詩の考察から— ………丸岡喜市
  • 雪村周継と朝鮮絵画 —《瀟湘八景図帖》(個人蔵)にみる李郭派様式の受容— ………吉田智美
  • ヘーゲル美学における風景概念についての一考察  —「近代」との関係を顧慮して— ………髙藤大樹
  • ベンヤミンにおける美と仮象の問題 —ゲーテ『親和力』解釈を中心に— ………村上真樹

詳細

美学芸術学 第二十七号(2011)

  • 円山応挙の写生と絵空事 —登龍門図をもとに— ………水谷亜希
  • マンテーニャ作 サン・ジョルジョ城内礼拝堂祭壇画再考 ………小松原郁
  • 森山大道『写真よさようなら』における表象批判について —暗室作業を手がかりに— ………松浦葵
  • 田中一村と海上派 —呉昌碩に魅せられたものと《クワズイモとソテツ》— ………森下麻衣子

詳細
.