こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 文学部/文学研究科ホーム
  2.  > 美学芸術学科
  3.  > 人材養成目的、ディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシー

目指すべき人材(物)像、ディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシー

目指すべき人材(物)像

美学芸術学科は、美学・芸術学・芸術史(美術史)の三領域について、美や芸術の本質や多様性、様々な芸術ジャンルの原理、及び作品の歴史を総合的に学ぶことをとおして、今日的な問題にも対処しうる、柔軟な思考力と磨き抜かれた感性と豊かな表現力を身につけることによって、マスコミ、出版、広告、画廊、官公庁等において、さらには大学院を経て美術館や博物館、大学等において活躍しうる人物を養成することを目的とする。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

・ 美や芸術の本質や多様性、様々な芸術ジャンルの原理、および芸術作品の歴史についての知識と、学術情報を処理する技能と、外国語文献を読解する能力を身につけることができるようになる(知識・技能)。
・ 現代社会の多元的な価値観に立脚しつつ、骨太な論理と繊細な感性をもって今日的な問題を解決し、説得的な言葉で表現できるようになる(思考力・判断力・表現力)。
・ 主体的に問題を発見し、考え方と感じ方の多様性を踏まえつつ、他者と協働して議論することを通して、解決できるようになる(主体性・多様性・協働性)。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

  1. 美や芸術を理解し今日的な問題に向かう人物を育成するために、必修科目および選択科目Ⅰ〜Ⅲによって構成されるカリキュラムを設置する。なお選択科目ⅠにはA〜C群を設置する。
  2. 必修科目は、美や芸術の本質や多様性、様々な芸術ジャンルの原理、および作品の歴史を総合的に理解するために必要な基本的知識を習得し、繊細な感受性を磨くとともに、その知識と感受性をもって柔軟な思考力と適切な言語表現力を身につけることを到達目標とし、1年次から4年次まで40単位を履修する。
  3. 選択科目ⅠのうちA群は、美や芸術を学ぶうえで必要な外国書の読解力を身に付けることを到達目標とし、3年次以降4単位を選択履修する。B群は、美や芸術を理解するために必要な高度な専門的知識を習得することを到達目標とし、1年次から4年次にかけて30単位を選択履修する。C群は、美や芸術を総合的に理解するために必要な幅広い専門的知識を習得することを到達目標とし、1年次から4年次にかけて12単位を選択履修する。
  4. 選択科目Ⅱは、現代社会の多元的な価値観を学び、幅広く豊かな知識を習得することを到達目標とし、選択科目Ⅰと合わせて68単位以上を履修する。
  5. 選択科目Ⅲは、基本的な外国語運用能力を身に付けることを到達目標とし、英語8単位と英語以外の外国語8単位、計16単位を履修する。

.